大衆薬と処方薬の成分の違い

薬を手のひらで持っている男性

医薬品は行政上、医療用医薬品と一般用医薬品に分けられています。
医療用医薬品とは、医師の診断に基づいて処方される医薬品(処方薬)のことで、効果が期待できる反面、副作用も報告されています。
また、一般用医薬品とは大衆薬とも呼ばれ、比較的副作用が少ない医薬品のことで、薬局や薬店で購入することができます。
そして、そのリスクの大きさにより第一類医薬品から第三類医薬品の3種類に分けることができます。
一般用医薬品の中では、第一類医薬品が効果が期待できる反面、副作用などの危険性もある医薬品ということになるのです。
そして、2014年の薬事法の一部改正により第一類医薬品の一部は要指導医薬品となりました。
第一類医薬品と要指導医薬品の違いですが、第一類医薬品はインターネットでも購入することができるのですが、要指導医薬品はインターネットでは購入できず、薬局に行って薬剤師の指導の下購入することになるというところにあります。
要指導医薬品は、そのリスクが確定していなかったり、劇薬指定されている医薬品になりますから、その使用にあたっては厳重な注意が必要ということになるのです。
そして、大衆薬と処方薬の成分の違いとは、前者の成分が比較的リスクが低く、後者はリスクが高いということになります。
そして、効果については一般的に処方薬の方が期待できることになるのです。

最近の投稿
サイト内検索
人気記事一覧
1
女性にキスをしている男性
市販薬で強く副作用が出た場合

2019年07月26日

(805 Views)

2
No image
3
薬を手のひらで持っている男性

大衆薬と処方薬の成分の違い

2019年07月01日

(665 Views)

4
本を見ているカップル
薬の通販に関する専門家の懸念

2019年06月16日

(524 Views)

6
遠いところを見ている男性
処方薬がネット販売される時代

2019年06月03日

(397 Views)