市販薬で強く副作用が出た場合

女性にキスをしている男性

市販薬は、軽い病気や不快な症状を改善するために自分の判断と責任で購入し、ほとんどが有効性より安全性が優先されています。
作用が穏やかで用量、用法をきちんと守って使用すれば問題が起こることはほとんどありません。
手軽に手に入る市販薬ですが副作用のない薬はありません。
もともと強い作用を持っている薬が多く、それが良いものばかりとは限りません。
治療に必要な作用であっても強く出すぎれば害にもなりますし、使用する人の体質によって薬の作用が強くなったり、弱くなったりし、飲み合わせによって薬の作用が変化したりします。
過敏症やアレルギー反応はどんな薬でも起こる可能性はあります。
このようなことから、ごくまれに強い副作用が出る場合があるので市販薬の購入の際には薬剤師に相談しましょう。
ドラッグストアやコンビニ等で簡単に薬が買えるので、安全というわけではありません。
医療品服薬後に高い熱や薬疹、目の充血、まぶたの腫れ、めやに、紅斑など強く副作用が出た場合は直ちに投与を中止し、できるだけ早く病院での診察または救急処置をしてくれる病院を受診しましょう。
低血糖になった場合も直ちに薬を中止し、砂糖やブドウ糖摂取後、症状の改善が見られない場合も病院受診をしましょう。
薬品名や服用後どのような症状が出たのかを医師に伝えられるようにしておきましょう。

最近の投稿
女性にキスをしている男性

市販薬で強く副作用が出た場合

2019年07月26日

サイト内検索
人気記事一覧
1
女性にキスをしている男性

市販薬で強く副作用が出た場合

2019年07月26日

(536 Views)

2
薬を手のひらで持っている男性
大衆薬と処方薬の成分の違い

2019年07月01日

(469 Views)

3
本を見ているカップル
薬の通販に関する専門家の懸念

2019年06月16日

(353 Views)

4
No image
5
遠いところを見ている男性
処方薬がネット販売される時代

2019年06月03日

(223 Views)